背中にきび跡を薄くする方法とは

背中にきびができている時に摩擦などの刺激を与えると、にきび跡として残ってしまうことがあります。
その影響が表皮に留まる場合、何もしなくても自然に治るケースがほとんどです。
ただし、真皮にまで影響が及んでいる場合には、薄くするために適切なケアを行わなければなりません。

背中にきびの跡を改善するために、忘れてはならないのが保湿ケアです。
外側から適度な水分を与えることで肌の潤いが蘇ります。
体を洗う時に強すぎる洗浄力のものを避けて適度な皮脂を残すことで、水分と潤いと油分のバランスがちょうど良くなります。

実はこのバランスが重要であり、どれが欠けてもうまくいきません。
程良いバランスで維持することができれば肌細胞の働きが良くなりますので、ターンオーバーの周期が正常な状態に戻って、古い細胞は順調に排出されるようになります。
それに伴い、傷ついた細胞もはがれ落ちますので、にきび跡が徐々に治まっていくというわけです。