知っておきたい背中にきび

結婚式の前に

背中にきび背中ニキビができてしまったら気になりますし、市販の薬や化粧品などで
ケアしているという人も多いでしょう。

しかし、背中のニキビというのは気付かないうちにできていることも多く、
気付いた時にはニキビ跡になっていることも多いです。

背中は普段あまり見せない部分ですが、結婚式の時などは背中の大きく開いた
ドレスを着ることになります。

結婚式の前に

そのため背中ニキビがあると目立ってしまいますし、綺麗に見られないこともあるので注意しましょう。

また、夏になると水着を着る人もいるかもしれません。
背中にニキビができてしまった場合、皮膚科で治療を受けるのがおすすめです。

主な治療法としては内服や塗り薬、ケミカルピーリング、レーザー、フォトフェイシャル、
イオン導入などが挙げられます。

ちなみに、内服薬や塗り薬の場合は保険が適用されますが、ケミカルピーリングや
レーザーなどは自由診療となるので費用が高額になります。ドレスを着る

軽度のニキビなら保険が適用される方法でも効果が期待できます。

しかし、悪化した場合はニキビ跡が残りやすくなりますし、自由診療のことも考えておきましょう。
塗り薬には毛穴の詰まりを改善する効果があります。
手軽に使うことができますが、赤みや痛みなどの肌トラブルが発生しやすいと言われているので注意しましょう。

抗菌剤はニキビの原因菌に作用してくれますし、炎症を抑える効果があります。
飲み薬と塗り薬の2つのタイプがありますが、症状に合わせてドクターが処方してくれます。

ちなみに、抗菌剤は長く使い続けると耐性菌ができてしまいますし、ニキビを治すのが難しくなってしまうので注意しましょう。

ケミカルピーリングは薬剤を使用して角質層を除去するという方法であり、毛穴の詰まりを改善する効果や
肌のターンオーバーを整えるなどの効果が期待できます。

レーザーは肌に小さな穴を開けて皮膚の入れ替えを行うという方法であり、施術の際には痛みを伴うので麻酔を使うこともあります。

フォトフェイシャルは特殊な光を肌に当てる治療であり、肌のターンオーバーを促進してコラーゲンの再生を活性化させてくれます。
イオン導入とは肌に微弱な電流を流し、有効成分を肌の深くまで届けるという方法です。

ビタミンCの浸透効果倍増してくれますし、即効性もあります。