ピーリングと背中にきびの関係

背中にきびができてしまうのは、毛穴に汚れや余分な皮脂が詰まって、そこが雑菌の温床になるからです。
ではなぜ毛穴に汚れなどが詰まるのかというと、皮脂が硬くなって洗っても落ちにくくなるからです。
背中は紫外線を直接浴びる機会は少ないのですが、下着や衣服と常に接する部分であり、摩擦によっていつの間にか皮膚が厚くなってしまうことがあります。

皮膚が厚くなると柔軟性が失われますので、汚れや皮脂も溜まりやすくなります。
これを解消するのに最適なのがピーリングです。古い角質を強制的に排除することにより、背中にきびを改善させることができます古い細胞がはがれ落ちれば新しくて瑞々しい細胞が生まれますので、皮膚の再生を促すことができます。
トラブルを含む古い細胞がいつまでも肌に留まっていると様々なトラブルの原因になりますので、必要に応じてピーリングを使って強制的にリセットしてあげることが大切です。ピーリングは強いので、週に1~2回程度が目安です。