背中にきびの治療方法について

背中にきびの代表的な治療法としては、ケミカルピーリングやレーザー治療、光治療によるフォトフェイシャル、ビタミンC誘導などの方法があります。
エステサロンや美容皮膚科を受診することで、肌の状態に適したピーリング時を塗布してもらえます。
ピーリング剤には、サリチル酸やグリコール酸が含まれており、背中にきびの治療に役立ちます。
ピーリング剤の成分によって、古い角質が取り除かれて、ニキビの塊を溶かすことができます。

にきび跡や赤みが残りやすい肌質の人や、ケロイド状になっているときにはレーザー治療がおすすめとなります。
凸凹の状態になっているにきびがあるときには、クールタッチレーザーと呼ばれているレーザーを使用します。
レーザー治療によって、にきびの原因とされているアクネ菌を退治できますので、にきびの炎症を抑える効果も得ることができます。

にきび跡などの色素に直接作用を及ぼす治療法としては、光治療もあります。
フォトフェイシャルでは、背中にきびの炎症が発症している部分に高エネルギーの光を当てることで活性酸素を作り出して、アクネ菌の破壊を行います。